FC2ブログ

「国際ビジネスにおける食事の基本マナー」

JunkoNaraOffice 2790x15x

世界は広いですので、食事のマナーといっても、一概にこうあるべき、とは言い切れないのではないかと思います。

国によって食事の習慣も微妙にちがいます。フォークとナイフを使う国々もあれば、フォークとスプーンを使う国もあります。また、日本のようにはしを使う国々もありますし、指を使って食べる国もあるでしょう。

私も様々な国の食事会に参加する機会がありましたが、どの国もとても興味深く楽しいものでした。

共に食事をすることで、驚くほど打ち解けたりするものです。同時に、その国の文化を実感できる楽しさもあります。臨機応変に自らが楽しむことが大切でしょう。

ただし、ビジネス関連の食事会は身内や親しい友人たちとの飲食とは異なりますので、相手に不快感を与えることがないように、いくつか気をつける点を押さえておきたいものです。

では、国際ビジネスにおける基本的な食事のマナーとはどういうものなのでしょうか。

私は自らの経験から以下の五点を挙げたいと思います。

①アイコンタクトは必須
②声のトーンに注意
③音に注意を払う
④速度・身振り
⑤譲る


①アイコンタクトは必須
食事をしながらのアイコンタクトはちょっと大変かもしれませんが、やはり食事会でもアイコンタクトは必須です。食べながら下を向いたまま返事をしたり、話したりするのは避けたいものです。

②声のトーンに注意
食事会などでお酒が入ったりすると、つい大きな声になりがちです。隣のテーブルまで聞こえるような声は控えましょう。声をはりあげないで、落ち着いたトーンで話すことが好ましいと思います。

③音に注意を払う
音といっても色々あると思いますが、とくに、食べ物を口に入れてクチャクチャ噛む音などは嫌悪感をもたれます。食べ物が口に入っている時は話をするのは控えましょう。唇を閉じて食べ物を噛むと音も出ません。食べ物を飲み込んでから話をしましょう。ぜひご自宅でも試して頂ければ思います。また、グラスを回して氷の音をカチャカチャさせたり、ズルズルと音を立てて飲むのも恥ずかしいことです。それに、ナイフやフォークを使う時も、カチャカチャ食器の音を立てるのも控えましょう。こうした些細なことで不快感を与えてしまっては、うまくいくビジネスも失敗に終わってしまうかもしれません。それほど、音には敏感になる必要があるかと思います。

④速度・身振り
国際ビジネスの食事会などは一定のリズムがあるように思います。会場で歩く速度や着席の速度などは、日本の日常よりもほんの気持ちゆっくりの方が良いように思います。また、身振りなどオーバーアクションにならないように気を付けましょう。お酒が一杯入ったり、英語が思うように出てこないと、ついジェエスチャーなどが大きくなりちです。手を頭の上まで上げたり、横の人の顔にまで伸ばしたりは避けたいものです。どうしてもジェスチャーが必要な場合は胸のあたりで自然に、というところでしょうか。

⑤譲る
とくに欧米では、レストランのドアの出入りなどにしても、高齢の方や女性には譲るという習慣があります。男性同士でも譲り合う光景もよく目にします。譲り合うというのは、見ていても気持ちのいいものです。また、自分が譲られた場合は、「ありがとう」と言い、相手の目を見て会釈するなど感謝の気持ちを表現できたらと思います。そんなちょっとした気配りで、その場が楽しくなったりするものです。

上記の通り、国際ビジネスでの食事のマナーとして、

①アイコンタクトは必須
②声のトーンに注意
③音に注意を払う
④速度・身振り
⑤譲る

の五項目を挙げましたが、日本の日常生活でも心がけていきたいものです。

上記の他に、細かいことは沢山ありますが、まずは上の五項目を実践できるようにしていきましょう。

マナーといっても、人間同士のことですので、こちらが常識をもって楽しむことだと思います。

国がちがっても、文化がちがっても、言語がちがっても、感じる心は同じでしょう。

自分の心を広げ、食事ひとつにしても、その国の文化や差異を楽しんでいきたいものです。


写真:奈良順子
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する