FC2ブログ

「早稲田大学文学部 沈 元燮 客員教授 」

プロフィール沈教授


「今は苦しくても夢をもって生きてほしい」

「お父さんやお母さんのいない子どもたちの力になっちゃうぞー!」‐team junko

 この一切飾りのない、短くてストレートな、力強い言葉。たくさんの言葉に囲まれながら暮らしている私でさえも、このような、こんなに重みのある言葉は使ったことがありません。この言葉は長い間苦しみを胸の中に抱えてきた人、そして自分自身の力でそれをりりしく乗り越え、さらに同じ問題で苦しんでいる人のために活動している人だからこそ言える言葉でしょう。 

考えて見ると、世の中には苦しみが本当に多いようです。その苦しみにはそれなりの理由が必ずあるはずです。そして理由がある苦しみは、必ず克服できるはずです。

どんな環境の中に置かれていても、正しく生きていきながら夢を育てていけば、それは必ず実ると私は信じています。数学に公式があるように、人生にも公式がある、ということを。

 奈良順子さんは20年間に渡って数多くの人材を育て、社会へ送り出してきた、人材育成界ではすでに充分な名声を博した女性です。その女性が大きく成長していた人材育成スクールをきっぱり辞め、大学での勉学を選んだことも英雄的です。その英雄が今、大学での静かで長い充電期間を経て、「チーム・ジュンコ」という名で新たな一歩を踏み出します。

ジュンコさんの指先と心が届くごとに、そこには暖かい花が咲き出すでしょう。その花々のやわらかい光と香りが、世の中のあちこちを優しく染め上げていくことを信じています。そんな花見への招待を、心待ちにしています。


        早稲田大学文学部 客員教授 沈元燮(シム・ウォンソプ)


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する